Web Magazine

2017.06.21.wed

全力な仲間と社会を変えていける事の喜び

こんにちは!
人材コンサルティング事業部でリクルーティングアドバイザー(RA)をしております、
橋口隼人です。


リアライブに転職する前は金融業界で営業職として働いていました。
金融の仕事は社会貢献度も高く、
日々自分の仕事の大切さを実感できる素晴らしい仕事でしたが、
どこか物足りなさを感じる事が多かったのも事実でした。

こんなにクライアントに必要とされているのに、
何でこんなに物足りない気持ちになるのだろう?

いま思えば贅沢な悩みだったのかもしれませんが、
当時の自分は本気で悩んでいました。

学生時代は「社会貢献とはクライアントからのありがとう」であり、
クライアントから“ありがとう”をもらえたら、
それが「やりがい」になると信じていたのです。

だけど現実は「もやもや」する毎日。

就職活動中は特に自己分析などもせず、
「金融で働けば安定だろう」と安易な気持ちで会社を決めてしまいました。
今思えば、あの時の安易な考えがミスマッチに繋がっていたのだと思います。

働きながら自己分析をする日が続きましたが、
その中で気づいたのは「何をやるかよりも、誰とやるか」が自分にとって大切な価値観という事でした。

私は基本的に「人が好き」なのですが、その中でも「本気の人が好き」だったのです。

本気でぶつかり、本気で目標を追い掛け、チームで何かをやり遂げる事に
大きなやりがいを感じられる人間だという事に社会人になってから気づけたのです。

そんな私はベンチャー企業への転職を決断しました。
「安定」を求めてベンチャーを選ぶ人はいない、
「本気」で働く人じゃなきゃベンチャーという決断はできないだろうと考えたからです。

私には子供が2人おり、
安定していないベンチャー企業で働く事をリスクと考えたのも正直な気持ちです。

それでもベンチャー企業で働くことを決断しました。
一度きりの人生で一度も勝負しない事の方がリスクだと考えたからです。

数ある企業の中でもリアライブを選んだのは、
社会に対するメッセージが「本気」だったからです。

RE(再構築)+ALIVE(生きる)=生きる力を呼び覚ます。

このメッセージを見た時は本当に心が痛くなりました。
安定にすがり、挑戦しない自分に対して指摘をされているように感じて、
「もっと本気で生きろよ」って言われている気がしたんです。

だけど、そんな不安と同時に
「まだ間に合うんじゃないか」という希望が生まれたのも事実です。

仲間に、社会に、本気でぶつかることが
リアライブでならできると思い挑戦してみようと思ったのです。
選考過程で社員さんと話す機会を頂けたこともあり、
最終面接前には、この会社で全てに対して本気でぶつかろう!と心が決まっていました。

「よし、これが僕の人生の再スタートだ」

そう思って、入り口のドアを開き、
代表の柳田に僕の考える「REALIVE」を全力でプレゼンテーションさせて頂きました。

今、私はリアライブでリクルーティングアドバイザーとして社会貢献ではなく、
就活の構造を変えるべく、社会と戦っています。
そしてその横には同じ志をもった(いや、それ以上の?)仲間がいます。

全力で働くこと、
全力の仲間と働けること、
全力で社会にぶつかれること、

私がずっと求めていた「安定」は、安定を捨てた時に見つかりました。
安定が全力の中にあることを教えてくれたリアライブに感謝しています。

リアライブ 橋口

カテゴリ""/

  • Company 企業の方へ
  • Case 採用成功実績
  • Event イベント情報
  • News ニュース
  • Student 学生の方へ
  • Career 新卒・中途採用
  • Best Venture 100
  • 経営者通信
  • メディア掲載実績
  • 【貸し会議室】リアライブ六本木カンファレンスセンター
  • Sitemap
  • Privacy

    皆様に安心して当社のサイト及びサービスをご利用いただけるよう個人情報の保護を徹底してまいります。

    P mark