Web Magazine

2016.11.07.mon

リアライブインターン生 インタビューVOL.1  ~6月生と8月生の意識差~

 
 
“2カ月”
埋めることの出来ない時間、経験。

 
 
リアライブには現在約60名のインターン生が活躍しています。
企画・シェアハウス・企画マーケティング・CRM。
4つの部署のいずれかに配属されます。
6月から始まり2月までの約8ヵ月の長期インターンです。
以前から勤務していた6月生に加え
今年は8月にも数名、8月生として新たな仲間を迎えました。
 
“異なるスタートライン”
 
6月から業務をこなす6月生、8月から始めた8月生。
時期が違うインターン生の間にはどれほどのギャップがあるのだろうか。

私は今期(5期)のリアライブCRMインターン8月生です。

ジョインして2ヵ月が経ちそうな今、
6月生との“差”に焦りや不安を感じています。

他部署の考え
他の8月生の現状
6月生の意見

上記のことを聞いてみたい!
という思いから記事のテーマにピックアップしてみました。

『リアライブインターン生の意識』

今回はこちらに焦点を当てて、6月生と8月生を比較しながら、
その中にある発見、課題を綴っていこうと思います。

今回は6月生と8月生を比較し、「2カ月の誤差」は学生の意識に
どれぐらいの差を生み出すのかを検証していきたいと思います。

Q.リアライブインターンの楽しさ・辛さを対比で表すと?


A.
<6月生>
8:2もいれば3:7もいる。様々。

<8月生>
9:1や、7:3など楽しさが勝る。

→感じ方に差が見られた。
新しい環境に身を置き学ぶ事が多く楽しさを感じ始めている8月生に対し、
極端な回答が見られた6月生。これはどういうことなのか。

6月生の意見をまとめた結果、
結果を出せない辛い時期、壁を乗り越えた時の喜び
両方を経験していることが分かった。

楽しいだけではなくシビアな部分を知っている。

長い期間で経験のリーチはあるものの、
モチベーションの維持が難しいという意見も見られた。

また、環境に恵まれているという意見はどちらの学生も共通していた。
頼れる社員、仲が良いインターン生という環境もリアライブの大きな武器である。

以上のことを踏まえて今後のアクションとして、
8月生は6月生に焦りを感じさせるような行動が求められる。

Q.部署での自分の役割や立ち位置は何だと思いますか?


A.
<6月生>   
意思調整役、マネジメント役、チームリーダー役など
自分の役割をはっきりと分かっている。

<8月生>  
「分からない」

→8月生はまだ何もわからない。
当然のことではあるが、自分の役割がはっきりしている6月生に対して、
8月生は何もわかっていない現状。一方でこの2カ月の誤差が8月生にとって、
「6月生は超えられない壁」という前提条件を生み出し、
勝手に自分の限界を決めてしまうかもしれないと考えました。

Q .6月生(8月生)だから出来ることは何だと思いますか?


A.
<6月生>   
リーダーシップ(引っ張る立場)の経験。
組織として上手くまとめられるきっかけを作れる。

<8月生> 
刺激を与える。効率的に成長出来る。

→6月生が先を行き、8月生が後を追う状況である。

「リーダー意識」。

2つの学生の間には圧倒的な差が存在する。
現に私は「6月生の後ろ」という位置付けに安心してしまっている。

“現状は対等な立場ではない”。
たった2カ月という意識の差が、仕事においても役割の変化へと結びついている。
2カ月という誤差は、数字以上に大きな影響力があると考えられます。

「新しい風を吹かせる」

8月生がこのまま劣等感を持ったまま続けていく事に価値はなく、
新しい風を吹かせる事こそが私たちの役割であると
使命感をもって取り組んでいきたい。

インターンの「当たり前」に対して8月生がどんどん意見をだすことによって、
当たり前が見直され、新しい価値を生み出せるきっかけとなる。
そのためにも早く仕事を覚えて、自分に与えられた役割を全うし、
発言権を持つことの重要性を感じた。

Q .生活時間の中でどのくらいリアライブのインターンに時間をかけていますか?


A. どちらの学生も約3割

→6月生も8月生もかけている時間に差は無い。
しかし、現状では6月生が前を歩き、
8月生が後を追うという構図が出来上がってしまっている。

今は仕方ないが、今後さらに成長したいのであれば、
「2ヵ月」の時間を埋める努力を、どこかでする必要があるのかも知れない。

現状維持ではなくさらなる成長を目指していきたい。

Q .8ヵ月(6ヵ月)の長期インターンを通じてどんな自分になっていたいですか?


A. 同じような回答が集まった。
全力で取り組んで、自信を持って就活出来るようになりたい!
スキルを身に付けたい!

→目指す場所は同じ!

時期、部署、役割。それぞれ環境が違う中でも
“リアライブのインターン生”は1つの目標に向かっている。
なりたい自分を見つけるために日々奮闘しているのである。

最終目的地が同じであり、志が高いメンバーで構成されたリアライブのインターン生たち。
今後一層お互いに高めあっていきたい。

“周りと比べず、自分と向き合え。”

私が救われた言葉です。
周りとの差に落ち込むばかりだった私に、社員が掛けてくれた言葉でした。

実は以前までは苦しいばかりでしたが、
他部署と関わり、記事を考え、執筆している今が、
とても充実している時間だと感じています。
自らアクションを起こし、発信していく行動に喜びを感じています。

“日々の中にどれだけ意味を持たせるか”

長期のインターンの経験を活かせるかは、
この意味づけがどれだけ出来るかではないかと思っています。

社会の厳しさの中に「楽しさ」を見出し、
仲間と学び、成長を繰り返しながら、
残りの4カ月を伸び伸びと、有意義に過ごしていこうと思います。

取材に協力して下さった皆様、ありがとうございました。

カテゴリ""/

  • Company 企業の方へ
  • Case 採用成功実績
  • Event イベント情報
  • News ニュース
  • Student 学生の方へ
  • Career 新卒・中途採用
  • reworks
  • Best Venture 100
  • 経営者通信
  • メディア掲載実績
  • 【貸し会議室】リアライブ六本木カンファレンスセンター
  • こだわりオフィス 株式会社リアライブ
  • Sitemap
  • Privacy

    皆様に安心して当社のサイト及びサービスをご利用いただけるよう個人情報の保護を徹底してまいります。

    P mark