Web Magazine

2018.04.20.fri

【新入社員・角谷】リアライブに入社した理由

初めまして。
リアライブ新卒4期生、
新入社員の角谷信次(すみや しんじ)です。

今回は私の就活、リアライブとの出会い、リアライブを選んだ理由を
お話させて頂きます。


【私の就活】

私の事を一言で示すなら「就活オタク」です。

「経験こそが人生最大の財産になる」
「悔いのない人生だったと笑って逝けるように日々を全力で生きろ」

これは経営者である私の父の口癖であり
私が物心ついた時から口酸っぱく言われていた言葉です。

それ故に幼い頃から「何事にもまずはやってみる」が私の行動指針であり、
今できない事に挑戦する、知らなかった事学ぶ、過酷な環境に飛び込むなど
未知の自分を開拓するのが大好きでした。

就活において私のこの未知欲求は人生最大限に高まりました。

沢山の人と出会い、色々な価値観や知識に触れ、自分の成長を実感できる
そんな就活の日々が楽しくて仕方がなかったです。

実質、大学2年の4月から就職活動をスタートし
大学4年の3月1日に弊社へ内定承諾をするまでの約2年間
イベントや紹介を通じて200社以上の会社説明を伺いました。

イベントやインターン・スカウト・人材紹介など様々なサービスを活用し、
ひたすら動き回っていたのが私の就活です。

2年間長期インターンやイベントなどほとんど休まずに活動し続け、
多くの社会人や学生と関わりを持つ中で気になった事が2つあります。

それは下記の2点です。
① 膨大な情報と選択肢によって学生が自分の人生を決めきれずに混乱している事
② 就活という貴重な経験を楽しめている学生がほとんどいない事

就活とは簡単に表現すれば「行きたい企業を見つけ、そこに入社する為の活動」です。

行きたい企業を見つけるために自己理解や社会理解をし、その企業に入社する為に
ESや面接対策をするという単純明快な活動ですが情報過多・選択肢の多様化により
行動の取捨選択に追われ誰もが本来の目的を見失っているように見えました。

1日に数十通もくる企業紹介メール、イベント後鳴りやまない企業様からの電話、
話も聞かず次々に企業を紹介してくるとある企業のCAの方…。

OB訪問に伺っても聞けるのは自慢話や会社の愚痴ばかり…、
大学のキャリアセンターに伺っても「どう内定を取るか?」という話しかされない…。

これらはほんの一部だとは思いますが、
上記のような状況が少なからず学生を疲弊させ、
いつしか「内定」をゴールとして就職活動になってしまう要因に
なっているのではないかと考えています。

ふと周りの友達を見渡してみるとESや説明会の日程調整に追われ、
就活を楽しんでいる人など数えられるほどしかいませんでした。

新卒はどこの企業とも接点を持てるPremiumチケットのようなものだと考えており
全力で就活の日々を楽しんでいた私からすると
この状況に違和感しかありませんでした。

「なぜ就活を楽しめる人間がこんなにも少ないのか?」
「この状況・仕組みは企業側・学生側どちらも不幸にしているのではないか?」

そんなモヤモヤを抱えている時にたまたま知人から紹介され参加したのが
「Jobtryout(弊社小規模マッチングイベント)」(以下、JTO)であり、
株式会社リアライブとの出会いでした。

———————————————————
【リアライブとの出会い】

Jobtryoutとは就活生向けの小規模マッチングイベントです。
企業様6社対学生50~60名の規模で難解なビジネスゲームと座談会を用いて
企業様と学生の相互理解を図る弊社メインのサービスになります。

・様々な業界の成長企業に出会い、自分の知らなかった世界や仕事を知れる!
・難解なビジネスゲームを通じて自己理解を深め自分の腕試しが出来る!!
・就活に前向きな仲間を作れる!!!

上記のような理由で10月頃に初参加した際に私は度肝を抜かれました。

それは参加学生だけでなく、ご参画企業様、司会の方、イベントスタッフの方まで
その場にいる全員の顔がイキイキと輝いていたからです。

腕試しや企業様との出会いなど学生によって目的は様々でしたが就活に対して
後ろ向きな学生がほとんどいませんでした。

そして自社企業の紹介をする人事の方々の姿勢や想いなど本当に楽しそうに
働いている事がこのイベントだけでも十二分に伝わってきました。

学生が企業のプレゼンを見て評価する。
企業様が学生の言葉でなく「行動」を見て評価する。
そしてお互いに両思いになった者同士が座談会で話す事が出来る。

これは今まで経験したことがなかった新しい形式のイベントであり、
相互理解が図れる就活のあるべき姿のように感じました。

何回もJTOに参加していく中でこの素敵な出会いの機会を創出している
リアライブ自体に興味が湧き、会社説明会の会場に足を運ぶ事となります。

———————————————————
【リアライブを選んだ理由】

「3年後のミスマッチを無くす」
「今の仕組みを破壊し、新たな仕組みを創り出す」という企業の理念に
社長自ら登壇された会社説明会で感銘を受けたのを今でも憶えています。

それは前述した自分の中のモヤモヤに対する答えが頂けたような気がしたからです。

実際に就活生として
秋頃からリアライブのイベント・面談と最大限活用させて頂きました。

イベントでは様々な業界の成長企業様との出会い
同じ想いで就活に望んでいる仲間

ビジネスゲームを通じた自己理解・社会理解の機会

面談でも自分の軸をより強固なものにする為や今まで見た事なかった企業紹介

就活以外の人生相談まで自分の為に沢山の時間と手間

私が見てきた200社の中には
「理念経営です」と仰っている方は沢山いましたが、

実際にリアライブ程その理念が事業自体に色濃く反映されており、
従業員全体が本気で
それに向き合っている企業様はほとんどありませんでした。

面談で生意気だった私に最後まで向き合い未来の方向性を固めて頂いた
リアライブのキャリアアドバイザー。
選考中何度も相談に乗って頂き、
励ましや激励を飛ばしてもらった人事担当者や事業責任者の方。

お会いする方全員が本気でその理念実現のために考え、
行動しているなと感じたのはリアライブだけです。

人材業界は参入障壁が低く、
本当に様々な競合が日々参入して来ては撤退していきます…
新卒市場はほかの市場と比較するとそこまで大きなものではないかもしれません…。

しかし、目指すべき社会人像になるような想いが強く人間力の高い人材が多く在籍し、
その新卒市場で並み居る競合を押しのけ
6年以上事業規模を拡大させ続けてきたリアライブだからこそ
本気で今の仕組みを作り替えることが出来ると私は確信しました。

これからは同じ理念の体現者として日々学生と企業、ひいては日本の発展の為に
企業様と学生の真のマッチング(能力×価値観)を一つでも多く生み出していく。

社内外から沢山の「ありがとう」を頂けるように
日々、誠心誠意企業様・学生と本気で向き合い続け
誰もがイキイキと働ける世の中を作るために尽力して参ります。

 

リアライブ 角谷

カテゴリ""/

  • Company 企業の方へ
  • Case 採用成功実績
  • Event イベント情報
  • News ニュース
  • Student 学生の方へ
  • Career 新卒・中途採用
  • Best Venture 100
  • 経営者通信
  • メディア掲載実績
  • 【貸し会議室】リアライブ六本木カンファレンスセンター
  • Sitemap
  • Privacy

    皆様に安心して当社のサイト及びサービスをご利用いただけるよう個人情報の保護を徹底してまいります。

    P mark