Web Magazine

2015.11.02.mon

新卒紹介サービス活用学生インタビューVOL.1

2016年度内定者 松丸さん

今回はリアライブの紹介サービスを通じて「フロンティア株式会社」の内定を獲得した松丸さんに、就活についてお話を伺いました。
当初は教師を目指していたという松丸さんですが、兼ねてからの知り合いであった弊社のキャリアアドバイザーの勧めで民間企業に就職を決めました。就活を始めた時期も遅く、周りの就活生と異なる就活スタイルだったにも関わらず、全く不安はなかったとのこと。その理由とは・・・

 

Q.リアライブの紹介サービスを利用しようと思ったきっかけを教えて下さい。


就職を意識し始めた頃は、長い間続けていた “サッカー” に関わる仕事と教員の両軸で考えていました。民間企業に就職することは考えていなかったので、インターンシップにも、就活イベントにも一度も参加したことがありませんでした。

就活を始めたきかっけは、同じサッカーチームで僕と同じく一般企業への就活を考えていなかった公務員志望の友人が就活を始めたと聞いたことでした。ずっと同じチームでサッカーをやってきた友人が就活を始めたのを聞いて、自分も教員と民間企業への就職との間で気持ちが揺らぎました。そこで、知り合いだったキャリアアドバイザー(以下、CA)の長尾さんに面談をお願いしたんです。(※長尾プロフィール)まぁ、最初は本当に面談というか、相談?みたいな、そんな軽い気持ちでしたけど。(笑)
長尾さんには、まず就活イベントへの参加を勧められました。初めて就活らしいことをしましたが、実際、イベント後は「民間企業もいいな」と思っている自分がいました。というのも、もし民間企業で働くことがあるとしたら、勤め人としてではなく経営者になりたいと考えていたからです。リアライブのイベントに参画している企業は経営者視点で働けるところばかりだったんです。

その後は気持ちを民間企業への就職に振り切りました。イベントを通じて興味を持った企業を調べ、業種についてCAの長尾さんに聞いたりして、1から就活を始めました。確か8月のお盆を過ぎた頃でした。一般的な就活生に比べたら遅いスタートでしたが、“何とかなる”と思っていたので不安はなかったです。

 

Q.面談をして気付かされたことは?


面談の中で「好きなことを仕事にすると、逃げる場所がなくなって辛いかもよ」というアドバイスをもらった時は、ガツンと頭を打たれた感じでした。今まで考えもしなかったので……。でも、そこでサッカーは一生続けていく趣味として、仕事とは分けることにしました。この決断で、就活に向かって一気にエンジンをかけられたので、気づきをくれた長尾さんには、感謝しています。

 

Q.面談後は、どのように就活を進めましたか?


就活に関係なく、自分の長所は ❝人当たりの良さ❞ だと自覚していました(笑)その人間性が営業職に向いていると長尾さんに言われ、社会でも通用する強みなんだと、自信が持てました。それからは、自分に合った営業職を中心に、

①人と接する仕事 
②起業のための準備期間として修行できる環境

この2つを就活の軸としてさまざまな会社を受けました。
正直、リアライブのイベントで出会った企業・紹介された企業は、社名も知らないし、当然事業内容も分からない、規模も大きくない企業が多く、最初は不安に感じました。しかし、規模が大きくない=これから大きくなるor少数精鋭だと、長尾さんが教えてくれました。そういう環境は仕事に対する一人ひとりの責任が重いので、起業する時にプラスになると考えました。

 

QCAからはどのようなフォローを受けましたか?


どのような姿勢や気持ちで選考を受けたらいいかという、アドバイスをもらいました。実は、1社目の面接では一般的な模範解答を用意して選考に臨みました。緊張していたので、それ以上の事を言う余裕もなかったのですが、面接後、「これだとつまらないな……」と感じる自分がいました。そこで、長尾さんに面接にはどう臨めばいいかと質問したら、「思うままにぶつかったらいい。就活生らしさはいらないよ。お前らしくやれ」と言われました。自分のことをよく理解してくれている長尾さんがそう言ってくれるなら……と、2社目の面接はアドバイスを参考に ❝自分らしさ❞ で臨みました。

2社目は、1社目に比べフランクな雰囲気だったこともあり、自分の思いのままにアピールできました。この時は「これで落ちたらそれでいい、自分とマッチする企業は他にあるだろう」と思うようになっていました。根拠のない自信でしたが、それが自分の良さだったと思いますし、営業職にマッチすると思っていただけたのかもしれません。

 

Q.なぜフロンティア株式会社に決めたのですか?


イベントや選考会に参加する際は、その会社の雰囲気や人柄を徹底的に見て、自分がその会社に入ったらどうなるかを常にイメージしていました。フロンティア株式会社は選考会の時から雰囲気が良くて、自分が働いているイメージを描きやすかったことと、最初の面接官(専務)が好印象だったことが決め手でした。
最終面接は社長でしたが、なんというか……ちょっと失礼かもしれませんが、気の合う先輩や友達と話をしているような感覚で、本当に自由に自分の経験や思いを語らせてくれました。社長面接なのに堅い雰囲気がなく、自分を引き出してくれる面接でした。その後、昼食会に参加したのですが、社員の方々の会話や振る舞いから、お互いを敬いつつも、兄弟のような雰囲気が感じられ、選考開始から一貫して“自分に合うな”と確信出来たので、入社を決めました。

 

Q.今後の松丸さんの野望を教えて下さい!


4月から新社会人としてまずは、ガンガン働きます!修業を積んで、5年後にはマネジメントも経験できる立場に居たいですし、同時に会社の経営にも一家言持てるようになっていたい です。そして、その頃には仲間で資金を貯めつつ、起業したいです!

 

Q.これからの就活を始める後輩へメッセージをください!


自分を受け入れてくれる企業は絶対にあります!ちなみに僕の経験上、面接官の話し方や雰囲気から、選考に通りそうかどうか大体分かります(笑) 会社によって求める条件は違いますし、自分自身も会社選びの軸はあります。働くのは自分なので、合わないと思えば辞退すればいいと思います。

リアライブのCAさんは、就活に関する知識が何もない状況でもゼロから教えてくれます。僕の担当は長尾さんでしたが、他のCAさんもイベント中など、気さくに声をかけてくれて「今日来ている●●企業さん、松丸くんに合いそうだよ」とか「次は●●企業さんだから、こういう事を聞いてみたらいいよ!」などと、全員でサポートしてくれました。
僕にとってリアライブでの面談時間は選考前にひと呼吸入れるための落ち着ける場所でした。就活で紹介サービスという、他の人とは違った就活のやり方でも不安なく就活と向き合えたのは、“CA全員が自分を見てくれている”という安心感が会ったからです。今は心から、働きたい・成長したい!と思える職場があることが、本当に嬉しいです。

最後に……
スポーツをやっている人!是非、長尾さんの面談オススメです!

 


新卒紹介「ReAgent」に関する詳しい内容は【 コチラ 】をご確認ください。

新卒紹介以外の新卒採用コンサルティングに関しましては【 お問い合わせページ】からご連絡ください。

カテゴリ""/

  • Company 企業の方へ
  • Case 採用成功実績
  • Event イベント情報
  • News ニュース
  • Student 学生の方へ
  • Career 新卒・中途採用
  • ジョブトラ
  • reworks
  • リアライブ公式note
  • メディア掲載実績
  • 【貸し会議室】リアライブ六本木カンファレンスセンター
  • Sitemap
  • Privacy

    皆様に安心して当社のサイト及びサービスをご利用いただけるよう個人情報の保護を徹底してまいります。

    P mark